年末調整の書き方

年末調整の書き方をまとめました。 うさぎ、ぱんだと年末調整を学ぶブログ。

タグ:年末調整



okutankao

今日社員さんから、子供の扶養控除額がいくらになるのか
知りたいと言われたんだけれど・・・

ponkao
お子さんの年齢によって、控除額が変わってくるよ。



●16歳未満の扶養親族
 扶養親族のうち、その年12月31日現在の年齢が16歳未満の人。
 控除額0円
 控除はありません。


●控除対象扶養親族
 扶養親族のうち、その年12月31日現在の年齢が16歳以上の人。 
 控除額38万円


●特定扶養親族
 控除対象扶養親族のうち、その年12月31日現在の年齢が19歳以上23歳未満の人。 
 控除額63万円 
 

okutankao

16歳未満だと、扶養控除額は0円なのか。
子供はみんな控除額があるとは限らないのね。

ponkao
そうだね。さらには、お子さんが扶養控除を受けるためには、
お子さんが所得税上の扶養に入るための条件を満たしている必要がある。

ponkao
お子さんが16歳以上の場合に、アルバイトや仕事の収入が多いと
所得税上の扶養から外れてしまう場合もあるから気をつけてね。

okutankao

所得税上の扶養に入るための条件ってなんだっけ?


ponkao
扶養控除とは?【1】を復習してね。


okutankao

16歳以上の場合は控除額は38万円だけど、19歳以上23歳未満に
該当するあいだだけは、特定扶養親族として63万円も控除額があるんだね。







okutankao


毎月のお給料から差し引く所得税を計算する、源泉徴収税額表は、
どこで手に入れればいいの?

ponkao
国税庁のホームページから無料でダウンロードできるよ。
毎年変更されるから、その年のものを使用してね。


 ・源泉徴収税額表のダウンロード(2019年・平成31年・令和1年分) 


okutankao

今年は今年の分、来年は来年の分を使わないといけないのね。




okutankao


年末調整の配偶者控除申告書や扶養控除申告書で、所得の見積額等を
記載するときに、65万円を差し引いてくださいっていうでしょ。

okutankao

この65万がなんなのか、イマイチよくわかっていないんだけれど。


ponkao
これは、給与所得控除というものだよ。
給与による収入がある人だけが受けられる控除だ。

okutankao

「給与」所得控除だもんね。


ponkao
給与所得控除は、所得税額の控除が受けられるものだ。


okutankao

ふむふむ。


ponkao
その年の収入から必要経費を差し引いたものを、所得と呼ぶんだ。
給与所得控除は、この必要経費に該当するよ。

okutankao

必要経費って言われても・・・
わかったような、わからんような。

ponkao 
例えば、うさちゃんがニンジンを売るとしよう。
ニンジンを販売して利益を得るためには、色々お金がかかるよね。

okutankao 

家賃、光熱費、人件費、仕入れにかかるお金・・・
あとはなんだろう。色々かかるね。

ponkao
こういう「事業を行うために使用した費用」を経費というんだ。
ニンジンが売れた売上金額から経費を差し引いた金額が、
うさちゃんの利益だね。

okutankao
 
ふむふむ。でもこれはニンジン屋さんの話だよね。
給与所得控除の話をしているんだけど。

ponkao 
そうだね。じゃあ今の例を、給与に置きかえてみよう。
ニンジンの売上金額=給与として支払われる金額だ。

ponkao
ここから、経費=給与所得控除を差し引いた金額が、
うさちゃんの利益=所得になるわけだ。

okutankao 

ふむふむ。でも、給与をもらって働くサラリーマンの経費って、
一体なんだろう。

ponkao 
スーツや鞄を買ったり勉強したり、自費で賄わなくちゃならない
ものがあるでしょ。

okutankao

ああ、そういうのか。


ponkao
サラリーマン全員が、「アオキで19,800円のスーツを買いました」
「流通センターで9,800円の靴を買いました」なんて、使った経費を一つ一つ
税務署に報告していたら、税務署はパンクしてしまうよね。

ponkao 
だから、サラリーマンの経費は一律で決めちゃおうということになった。

給与所得控除の額は、下記のように計算することに決まっているんだ。


 給与等の収入金額
 (給与所得の源泉徴収票の支払金額) 

   給与所得控除額
 

      180万円以下
 
 収入金額×40%
 ※65万円未満の場合、65万円 

   180万円超 360万円以下
 

 収入金額×30%+18万円
 

   360万円超 660万円以下
 

 収入金額×20%+54万円
 

   660万円超 1,000万円以下
 

 収入金額×10%+120万円
 

   1.000万円超 1,500万円以下
 

 収入金額×5%+170万円
 

      1,500万円超
 
 245万円(上限)

ponkao
給与等の収入金額は、1月1日~12月31日の1年間の合計だよ。
複数社からもらっている場合は、合算した金額だよ。

ponkao
実際に例をあげて計算してみよう。
給与所得控除額が65万円未満の場合は、65万円の給与所得控除が
受けられるよ。


 年間の給与等の収入額 100万円の場合 
 100万円×40%=40万円
 65万円未満なので、給与所得控除は65万円 
 

 年間の給与等の収入額 300万円の場合
 300万円×30%+18万円=108万円
 給与所得控除は108万円 
 

 年間の給与等の収入額 700万円の場合
 700万円×10%+120万円=190万
 給与所得控除は190万円
 

okutankao

計算結果はわかったけど・・・でもどうして、年末調整の配偶者控除や
扶養控除を受けるときに差し引く金額は65万円と決まっているの?

ponkao
配偶者控除や扶養控除を受ける親族=所得税上の扶養に入る
ということだよね。

ponkao
所得税上の扶養に入るためには、年間の収入が103万円を超えてはいけないと
いうルールがあったでしょ。 ⇒扶養控除とは?

ponkao
上の表に103万円の収入を当てはめて計算してみて。
103万円×40%=41万3333・・・円=65万円未満=65万円の給与所得控除が
受けられることになるでしょ。

okutankao

なるほど。年間の収入が103万円を越えない場合、給与所得控除額は
必ず65万円になるのか。

ponkao
だから、年末調整の配偶者控除申告書や扶養控除申告書で、
65万円を差し引いてくださいというわけだ。

okutankao

じゃあ、収入から給与所得控除を差し引いた所得金額に対して、
所得税がかかるの?

ponkao
いいや、まだだよ、うさちゃん。
所得から、所得控除を差し引いたものが、課税所得になる。
この課税所得所得税率をかけると、所得税額が出るんだ。

okutankao

またなんか新しいの出てきた。


ponkao
所得控除っていうのは、社会保険料や生命保険、扶養控除、医療費控除
などだよ。
年末調整の計算で、出てくるでしょ。

ponkao
今回勉強した「給与所得控除」には「所得控除」というフレーズが含まれて
いるけれど、必要経費の方であって「所得控除」ではないから気をつけて。

okutankao

ややこしいなあ。
じゃあ、その所得税額を納税するの?

ponkao
いいや。まだなんだよ、うさちゃん。
所得税額からさらに税額控除を差し引いた金額が、実際に納税する
所得税納付額だ。

okutankao

税額控除って何?


ponkao
寄付金控除のような、税金から直接控除できるものだよ。


okutankao

頭パンクするわ。



okutankao

友達が個人事業主として仕事をしているんだ。
年末調整はどうすればいいのかな?って質問されたんだけれど・・・

ponkao
基本的には、個人事業主は年末調整はしないよ。
個人事業主がするのは、確定申告だ。

okutankao

年末調整は、しないのか。


ponkao
年末調整は、会社に雇用されて働いていて給与をもらっている
「給与所得者」である場合
に、その会社側が行ってくれるものなんだ。

okutankao

個人事業主がもらうのは、給与じゃなくて報酬だったね。


ponkao
そう。だから基本的に、個人事業主に年末調整はない。
毎年3月に確定申告をする。

ponkao
でも、例外が2つあるよ。


okutankao

どういうこと?


ponkao
まず、個人事業主であっても、アルバイトやパートで働いている場合は、
年末調整が発生する。

okutankao

アルバイトやパートをしているということは、自分の事業とは別に、
他社に雇用されて給与をもらっているということだよね?

ponkao
そうだね。雇用されているバイト先、パート先で、年末調整を受ける
必要があるということだ。

ponkao
バイト先で年末調整を受けて、もらった源泉徴収票と、自分の
個人事業の報酬をあわせて、確定申告をする、ということになるよ。

okutankao

なるほど。正社員として働いていて、副業で個人事業主をしている
というケースも、同じだね。

ponkao
もうひとつは、自分の個人事業に対して、人を雇っている場合だ。


okutankao

自分が雇われている場合じゃなくて、雇っている場合ね。


ponkao
この場合は、雇用して給与を支払ってあげている従業員の分の
年末調整をやってあげないといけないんだ。

okutankao

そうか。雇う側なんだもんね。
年末調整のやり方は、法人の場合と個人事業主の場合と、違いはあるの?

ponkao
基本的に同じだよ。




okutankao

ねぇパンダちゃん、住友生命のvitality(バイタリティ)って保険、
知ってる?

ponkao
最近出てきた健康増進型保険というやつだね。
歩数や禁煙、健康診断の結果などの毎日の健康増進活動によって
保険料が変動したり、還付金が払われたりするんだよ。

okutankao

そのvitality(バイタリティ)は、年末調整で保険料控除の対象になるの?


ponkao
住友生命の契約概要/注意喚起情報によると、払込保険料は控除対象に
なるけれど、Vitality利用料は控除対象外だそうだよ。

okutankao

ええっと。


ponkao
Vitalityは、健康増進乗率適用特約というものなんだ。
もともとの保険契約(プライムフィット)に、Vitality健康プログラム契約を
追加して購入する保険商品なんだね。

ponkao
Vitality健康プログラム契約は、月額864円(税込/2019年1月現在)の
料金がかかるんだ。

okutankao

ふむ。つまり、保険料+Vitality健康プログラムの合計料金が、
実際に支払う金額だってことだね。

ponkao
そう。保険料は、Vitalityによる健康テータスに応じて毎年変動するわけだ。


okutankao

なるほど。


okutankao
保険料控除の対象になるのは、その保険料の金額だけで、
Vitality健康プログラムの利用料金月額864円については、
控除の対象にはならないよってことね。

ponkao
ちなみに、控除対象となる払込保険料は、介護医療保険料控除の対象
になるよ。

00439


↑このページのトップヘ