年末調整の書き方

年末調整の書き方をまとめました。 うさぎ、ぱんだと年末調整を学ぶブログ。

カテゴリ:年末調整の書き方 > 平成30年の改正



okutankao

ねぇパンダちゃん。平成30年の年末調整では、源泉徴収票の様式は
変更されるの?

ponkao
そうだね。デザイン的にはほとんど去年と同じではあるんだけれど、
平成30年からの改正に伴って、変更点がある。

okutankao

ふむふむ。


ponkao
まず、平成30年の源泉徴収票は、国税庁の以下のページから
ダウンロードできる。


 ⇒国税庁 [手続名]給与所得の源泉徴収票(同合計表) 



okutankao

上のページ内にある、[申請書様式・記載要領]の
「平成30年分以後の源泉徴収票」というやつだね!

ponkao
「平成30年分以後の源泉徴収票」の記入例と解説については、
平成30年分給与所得の源泉徴収票の記載のしかたで解説されているよ。

ponkao
それでは、様式のどこが変わったのか見てみよう。
変更点は①~⑤の5つだよ。

00258

00259

okutankao


ええっと、まず①は、「控除対象配偶者の有無等」が、
(源泉)控除対象者の有無等」に変わったんだね。

ponkao
平成30年からの「源泉控除対象配偶者」がどんなものかについては、
源泉控除対象配偶者とは?(H30~) を参照してね。

okutankao

この欄は、どう書けばいいの?


 【有】欄
主たる給与等において、支払を受ける方が年末調整の適用を受けている
場合で、控除対象配偶者がいるとき、この欄に「○」をつけます。

年末調整の適用を受けていない場合は、源泉控除対象配偶者を有して
いるときに
「○」をつけます。
 【従有】欄
従たる給与等において、源泉控除対象配偶者を有している場合に、
この欄に「○」をつけます。


 【老人】欄
控除対象配偶者が老人控除対象配偶者である場合に、この欄に「○」を
つけます。


ponkao
状況によって、控除対象配偶者がいるときに「○」をつけるのか、
源泉控除対象配偶者がいるときに「○」をつけるのかが変わってくるから
注意が必要だね。

okutankao
早速、クッソややこしいな。
②は、「配偶者特別控除の額」が「配偶者(特別)控除の額」になったんだね。
これは、「特別」がカッコ書きされただけ?

ponkao
いいや、違う。
給与所得者の配偶者控除等申告書」で計算された、配偶者控除額」または
「配偶者特別控除額」を記入する
んだ。

okutankao

どちらかを記入するわけね。
③は「控除対象配偶者」が「(源泉・特別)控除対象配偶者」になっているね。

ponkao
③欄には、「控除対象配偶者」または、「配偶者特別控除の対象となる配偶者」
の氏名とマイナンバーを記載するよ。

okutankao


年末調整を受けずに源泉徴収票を作成するときはどうするの?


ponkao
その場合には、「源泉控除対象配偶者」の氏名とマイナンバーを書く。
受給者、つまり社員さんに渡す源泉徴収票には、マイナンバーは書く必要がない
から気をつけてね。

okutankao

④「配偶者の合計所得」は、帳票の表記的には変わっていないけれど、
何が変わったの?

ponkao
④について平成30年以後は、「給与所得者の配偶者控除等申告書」で計算された
「控除対象配偶者」または「配偶者特別控除の対象となる配偶者」の合計所得
金額を記入するよ。

okutankao

年末調整をしないで源泉徴収票を作成する人については、どうするの?


ponkao

源泉控除対象配偶者がいる人については、「扶養控除等(異動)申告書」に
書いた、源泉控除対象配偶者の「所得の見積額」を記入してね。

okutankao

ぬお~!!ヤヤコシイ!


ponkao
さあ最後だ。⑤の摘要欄だね。
同一生計配偶者についての記載が必要になる。

okutankao

同一生計配偶者っていうのは、居住者と生計を一にしていて、合計所得金額が
38万円以下の配偶者のことだったよね。

ponkao
そう。その同一生計配偶者が、障害者、特別障害者、同居特別障害者に
該当する場合には、同一生計配偶者の氏名と、同一生計配偶者である旨を
摘要欄に記入する必要があるんだ。

okutankao

氏名(同配)」といった感じで書けばいいんだね。


ponkao
注意しておきたいのは、この摘要欄への記載を行う人の条件が、
同一生計配偶者(控除対象配偶者を除く。)を有する方」であることだ。

okutankao

どゆこと?


ponkao
さっきうさちゃんが言ったように、同一生計配偶者というのは、
居住者と生計を一にしていて、合計所得金額が38万円以下の配偶者のことだね。
この記載を行うのは、同一生計配偶者だけれど、控除対象配偶者である人は除く
     
んだ。

okutankao

??ん?じゃあ、摘要欄に記載を行う必要があるのは、どういう
条件の人なの?

ponkao
同一生計配偶者だけれど、控除対象配偶者ではない人、つまり、
①居住者と生計を一にしていて、②本人の所得が1,000万円を超えていて、
③配偶者の所得は38万円以下で、④配偶者が障害者である場合
 だね。

okutankao

・・・うへぇ。


ponkao
変更点については以上だよ。


okutankao

頭混乱するわ。




ponkao
平成30年分の「従たる給与についての扶養控除等(異動)申告書」が
国税庁のページからダウンロードできるよ。

00251
国税庁:平成30年分 従たる給与についての扶養控除等(異動)申告書(PDF)


okutankao

「従たる給与についての扶養控除等(異動)申告書」・・・って
なんだったっけ?

ponkao
アルバイトなど、仕事をかけ持ちしている人は、働いている会社のうち
1つの会社でのみ、年末調整をしてもらうのは覚えているかな?

okutankao

基本的には、もらっているお給料の額が一番多い会社で、年末調整を
してもらうんだよね。

ponkao
そう。年末調整をしてもらう会社を、主たる給与の支払者というんだ。
主たる給与の支払者に対して、扶養控除等異動申告書を提出する。
主たる給与の支払者ではない会社を、従たる給与の支払者と呼ぶよ。

okutankao

じゃあこの「従たる給与についての扶養控除等(異動)申告書」は
従たる給与の支払者に提出する書類なんだね?

ponkao
そうだね。でも、必ず提出する必要があるものではないんだ。
提出しなければならない場合にだけ、提出するものだ。

okutankao

どういう場合に提出しなければならないの?


ponkao
受けられる扶養控除の金額が多くて、主たる給与の支払者からもらう
給与額からは、扶養控除を受けきれないときだよ。

okutankao

主たる給与の金額よりも、受けられる控除額のほうが多い場合だね。


ponkao
そう。そういう場合に、従たる給与の支払者からもらう「従たる給与」からも
控除を受けられるようにするために、この「従たる給与についての扶養控除
等申告書」を提出するんだ。



okutankao

パンダちゃん、平成30年の税制改正は、本人や配偶者の合計所得金額によって、
配偶者の控除額が変わってくるよね。

ponkao
そうだね。


okutankao

本人が、本職+アルバイトみたいに仕事を掛け持ちしていたら、
居住者や配偶者の「合計所得金額」はどう判断すればいいの?

ponkao
「合計所得金額」は、その名の通り所得の合計だ。
つまり、掛け持ちしている場合は、全部の仕事で得る所得の合計額を
さす
ことになるよ。

okutankao

ええっと例えば、正社員の本職+アルバイトの掛け持ちをしている場合に、
その年の給与がA社から400万円、B社から100万円の見込みだったら、
400万円+100万円=合計所得金額は500万円ってことでいいの?

ponkao
惜しいね。下図の表の「居住者の合計所得金額」の部分を見てごらん。
「居住者の合計所得金額」の部分に、カッコ書きで何か書かれているでしょ。
00209

okutankao
「給与所得だけの場合の居住者の給与等の収入金額」って書かれているね。
900万円以下の欄には(1,120万円以下)、
900万円超950万円以下の欄には(1,120万円超1,170万円以下)と書かれているね。

ponkao
そうだね。うさちゃんがさっき言った、400万+100万=500万は、
このカッコ書きの中の金額になるんだ。

okutankao
確かに500万円は「給与等の収入金額」だけど・・・
じゃあ、「900万円以下」とか「950万円超1,000万円以下」とかは
何の金額なの?

ponkao
「給与所得控除後の給与等の金額」だね。


okutankao

ええっと・・・


ponkao
忘れちゃったかな?年末調整の書き方(平成29年)【3】で勉強したよ。
給与や賞与の合計金額を、「年末調整の手引き」に載っている
「年末調整等のための給与所得控除後の給与等の金額の表」に当てはめて出す
    金額だ。

okutankao
ああ、源泉徴収簿を使って年末調整をする場合、⑨欄に該当する金額だね。
00090


ponkao
そういうこと。
来年の給与はいくらもらうぞ、という場合は、カッコ書きの中の金額で判断する。
「900万円以下」「950万円超1,000万円以下」といった金額で判断をするときは、
    「給与所得控除後の給与等の金額」を計算して判断する。

okutankao

むむむ。意外とわかりにくい。




okutankao

パンダちゃん、平成30年の税制改正について、ちょっとわからない
ことがあるんだけど・・・

ponkao
どうしたの?


okutankao

 「源泉所得税の改正のあらまし 平成29年4月」に載っている、
「改正後の配偶者控除額及び配偶者特別控除額の一覧表」を見てよ。

ponkao
これだね。


00162

okutankao
そう。この表の上の部分に、「居住者の合計所得額」って書いてあるでしょ?

00209

okutankao
「居住者」っていうのは、誰のことなの?
年末調整を受ける本人のこと?
それとも、本人と同じ家に居住している人みんなの合計所得金額ってことなの?

ponkao
これは、年末調整を受ける本人のことだよ。
居住者=受給者と捉えていいと税務署の人が言っていたよ。

okutankao
そうなんだ!
じゃあ、同じく「源泉所得税の改正のあらまし 平成29年4月」に載っている
「配偶者に係る扶養親族等の数の数え方」の「居住者の合計所得金額」も
同じだね?

00210

ponkao
同じだよ。


okutankao

おお!謎が解けた!




 okutankao

ぱんだちゃん。配偶者特別控除っていうのは何なの?
配偶者控除とは、どう違うの?


ponkao
一定の条件を満たした配偶者がいると、その配偶者の分だけ配偶者控除
受けられたよね。つまり、所得税を安くしてもらえる。

okutankao

控除対象配偶者(配偶者控除)とは?(H30~)で勉強した奴だよね。


ponkao
そう。配偶者特別控除は、「配偶者控除」が受けられなかった場合でも、
条件を満たせば受けられる配偶者用の控除なんだ。

okutankao

ふむふむ。


ponkao
このページでは、平成30年以降(所得税法改正後)について説明するよ。
平成29年12月の年末調整までの「配偶者特別控除」については、
~平成29年までの分を見てね。


okutankao

ほい。


ponkao
配偶者特別控除を受けるための条件は、以下のとおりだよ。



(1) 控除を受ける人のその年における合計所得金額が1千万円以下であること。


(2) 配偶者が、次の5つの要件全てに当てはまること。

 イ 民法の規定による配偶者であること(内縁関係の人は該当しません)。

 ロ 控除を受ける人と生計を一にしていること。

 ハ その年に青色申告者の事業専従者としての給与の支払を受けていないこと 
   または、白色申告者の事業専従者でないこと。

 ニ 他の人の扶養親族となっていないこと。

 ホ 年間の合計所得金額が38万円超123万円以下であること。


okutankao
(1)の「控除を受ける人」というのは、配偶者のことだよね。
うさが配偶者特別控除の対象者なら、その年の合計所得金額が
1,000万円を超えてはいけないのは、夫のぱんだちゃんの方だね。

ponkao
そうだね。
(2)の、イ、ロ、ハ、ニは大丈夫だよね。


okutankao

扶養控除とは?【1】 で勉強したよね。


ponkao
ホは、年間の合計所得金額が38万円を超えていても、
123万円以下までに含まれていれば、特別控除の対象者だということだね。


okutankao
合計所得は、収入から必要経費を差し引いた金額だったね。
⇒配偶者控除とは?


ponkao
配偶者特別控除は、配偶者の合計所得金額と、居住者の合計所得金額によって
受けられる控除額が変わるんだ。

00172

okutankao
ええっと、一番上の青色の網掛けがされている二行は、配偶者控除についての
表記だから、今は関係ないんだね。
配偶者特別控除は、その下の行からだね。

ponkao
そうだね。配偶者特別控除は、居住者の合計所得金額と配偶者の合計所得金額に
よって、控除してもらえる金額が変わるのが分かるよね。

okutankao

例えば、配偶者の合計所得金額が112万円で、居住者の合計所得金額が
920万円だったら、配偶者特別控除額は4万円ということになるね。

ponkao
そう。配偶者の合計所得金額が39万円である場合でも、
居住者の合計所得金額が1000万円を超えているなら、
配偶者特別控除は受けられないということになるよ。

okutankao

所得の上限に注意が必要なんだね。


ponkao
また、配偶者特別控除は、夫婦の間でお互いに受けることはできないよ。



okutankao
旦那さんが奥さんを配偶者特別控除対象者とするか、
その逆か、しかできないってことね。


続きを読む

↑このページのトップヘ