年末調整の書き方

年末調整の書き方をまとめました。 うさぎ、ぱんだと年末調整を学ぶブログ。

カテゴリ:年末調整の書き方 > └住宅借入金特別控除申告書の書き方



okutankao 
住宅借入金等特別控除申告書は、どこで手に入れるの?
会社が配ってくれるのかな?


ponkao残念。
住宅借入金等特別控除申告書は、初年度分の確定申告後に、
税務署から送られてくるんだよ。


okutankao
そうなんだ。
いつ頃届くのかな?年末調整までに間に合う?


ponkao
国税庁は、 申告書の送付時期について、「確定申告をした年の10月頃」と
アナウンスしているよ。


okutankao
ネットで調べると、毎年「まだ届かない!」 って声が
上がっているみたいだね・・・


ponkao
初年度の確定申告の時に提出した「住宅借入金等特別控除額の計算明細書」の
8番「控除証明書の要否」の欄で「要する」に○をつけないと、そもそも申告書は送られて
こない。手もとの控えで確認してみてね。
    どうにも届かない!という場合は、税務署へ連絡してみよう。

okutankao

ほ~い。


ponkao

さて、これが住宅借入金等特別控除申告書だよ。

00068

ponkao住宅借入金等特別控除は、マイホームを買ったり改築した時から
10~15年間、控除が受けられる。
購入や改築をした年(居住の用に供した年)がいつなのかによって、
10年なのか、15年なのか異なるんだけど。
     申告書は、控除が受けられる年数分、まとめて送られてくるよ。

okutankao
えっ。10年分とかまとめて送られても・・・
なくしちゃうかもしれないじゃない。


ponkaoもしもなくしてしまったら、税務署に再発行をお願いすることが
できるから大丈夫だよ。
でも、なくさないように気をつけようね。


okutankao

は、はい・・・


00069

ponkao
まずは申告書の一番上、今年の申告書かどうかをちゃんと確認しよう。



okutankao
 ん?なんか小さな文字で、年間所得が3,000万円を超える人は
提出できません
って書いてあるけど・・・


ponkao
そうそう。よく気づいたね。
住宅借入金等特別控除は、年間の所得が3,000万円を超えた場合は
受けられない。 ⇒国税庁HP

okutankao

ええっと・・・①の「税務署長」欄は何を書けばいいの?


ponkao
この欄は記入しなくてもいいよ。会社側、つまり、給与の支払者が
事業所の所轄税務署を記入するからね。


okutankao
②の「給与の支払者の名称(氏名)」欄は、会社名か、
給与の支払いをしてくれる人の氏名だね。
③の「給与の支払者の所在地(住所)」欄は、同じく住所だよね。

ponkao
そうそう。
これも、会社側が書いてくれる場合は、記入しなくていい。


okutankao
 ④は「世帯主の氏名およびあなたとの続柄」だね。
 申告する人が世帯主なら自分の名前を書いて、続柄は「本人」と書けば
いいのかな。

ponkao
うん。
⑤「あなたの氏名」には氏名、フリガナ、捺印を忘れずに。
⑥「あなたの住所又は居所」には住所または居所を書こう。

okutankao

最初はそんなに難しくないね。



 



ponkao 
それでは、住宅借入金等特別控除申告書のメイン部分を見ていくよ。



okutankao
表になっているね。
・・・・・・項目が多いし、何か分かりにくいなあ。


ponkaoそうだね。
ざっくりいうと、申請を行う年の年末でいくら借入残高が残っているのかや、
家屋や土地の取得対価、面積などを記入して、控除額を計算するように
なっているよ。

okutankao

ふむふむ。


ponkao
表の左側は「新築又は購入に係る借入金等の計算」を記入する欄、
右側は「増改築等に係る借入金等の計算」を記入する欄となっているよ。

00071

okutankao
この表は、いつ家を買った人も同じ?
今年家を買った人も、10年前に家を買った人も、
住宅借入金等特別控除申告書の書式は一緒なのかな?

ponkao
ああ、購入・増築などした年がいつかによって、書式が少し違うかも。
この例で扱っている書式は、ぱんだが家を買った時(平成20年)のものだよ。


okutankao

うさぎと暮らすスヰートホームを買ったんだよね!


ponkao
うさぎを飼って閉じ込める、うさぎ小屋を買ったんだよ。
まずは家を新築したり買ったりした時の書き方を見てみよう。
一行目は「新築又は購入に係る借入金等の年末残高①」だ。

okutankao
ええっと。記入する列が3列に分かれていて、
「A 住宅のみ」、「B 土地等のみ」、「C 住宅及び土地等」となっているね。


ponkao住宅(建物)部分にのみ、住宅ローンを借りた人は、「A」欄に、
土地等の部分にのみ住宅ローンを借りた人は「B」欄に、
住宅(建物)及び土地等に住宅ローンを借りた人は「C」欄に、
本年度末の借入金残高を記入するよ。

okutankao

借入金残高・・・ってどこで知るの?


ponkao住宅ローンの年末残高証明書の中に、書かれているよ。
書き写すだけでOKだよ。
この例では、土地と住宅用に住宅ローンを借りて、今年の年末の時点で
1,500万円の残高が残っている。

00072

okutankao

複数の銀行等で住宅ローンを組んでいる場合はどうなるの?


ponkao
全ての残高を合算して記入するよ。
A銀行で1,000万円、B銀行で900万円の残高があったら、1,900万円と書く。

okutankao

なるほど・・・


ponkao
連帯債務で住宅ローンを借りている場合は、
ちょっと書き方が変わるから、書き方【6】を参考にしてね。

okutankao
じゃあ2行目「家屋又は土地等の取得対価の額②」はどうすればいいの?
A列に「下の(ロ)」、B列に「下の(ホ)」とか書いてあるけど、これは何?


ponkao住宅借入金等特別控除申告書の下半分を見てごらん。
年末調整のための(特定増改築等)住宅借入金等特別控除証明書
になっているよね。


okutankao

本当だ。

00073


ponkao
この住宅借入金等特別控除証明書に、(イ)(ロ)(ハ)(ニ)・・・欄が
あるよね。


okutankao「居住開始年月日」欄が(イ)、
「家屋又は土地等の取得対価の額」欄が(ロ)・・・
各欄にイロハが割り振られているんだね。


ponkao
そうそう。「下の(ロ)」、「下の(ホ)」と指示が書かれている欄は、
住宅借入金等特別控除証明書の、(ロ)欄、(ホ)欄を書き写せばいいんだ。


okutankao

書き写すって言われても・・・


ponkao画像では白塗りで消してしまっているけど、
住宅借入金等特別控除証明書は、税務署から届く時点で、
各欄がすでに記入されている
よ。


okutankao
ああ、そうなんだ!
税務署が記入してくれている部分を、書き写せばいいんだね。


ponkao2行目「家屋又は土地等の取得対価の額②」のC列は
「(下の(ロ)+(ホ))又は(下の(ホ)+(リ))円」を
記入するよ。


okutankao

足して書けばいいだけだね!

00074







 



ponkao
さて続いては、「家屋の総床面積又は土地等の総面積のうち居住用
部分の床面積又は面積の占める割合③」
を見ていこう。


okutankao

うわ~何かまたややこしそうだなあ。


ponkao
そんなことないよ。
うさちゃん、記入欄をよく見てごらん。

00075

okutankaoん~?あっ!
「下の(ニ)」とか「下の(ト)」とか書いてある!
ってことは、この欄も住宅借入金等特別控除証明書から書き写せばいいのかな?
⇒前回参照


ponkaoそうそう。まずA列は、
分母が住宅借入金等特別控除証明書の(ハ)、
分子は住宅借入金等特別控除証明書の(ニ)を記入し、
=の右隣に計算結果を書く。

    B列は、
    分母が住宅借入金等特別控除証明書の(ヘ)、
    分子は住宅借入金等特別控除証明書の(ト)を記入し、
    =の右隣に計算結果を書くんだ。

okutankao
住宅借入金等特別控除証明書(ニ)(ハ)(ヘ)(ト)も、
平方メートル(㎡)、つまり広さなんだね。


ponkao
総床面積のうち、居住用の面積が占める割合を
記入する欄だからね。


okutankao
ふむふむ。
例の場合は、100%になるね。


ponkao自分が暮らす家である場合は、通常は100%になるんだ。
店舗併用だったりすると、100%じゃないけどね。
店舗併用等の場合は、小数点以下第4位まで計算し、第4位を切り上げるよ。
計算した結果、割合が90%以上になった場合は、100%と記入する。
    店舗兼自宅の場合は居住用部分のみが控除の対象になるんだよ。
    ただし、その50%以上が居住用じゃないと、住宅借入金特別控除の対象に
    ならないから注意が必要だよ。

okutankao
ふむふむ。意外と簡単に書けたな。
じゃあ「取得対価の額に係る借入金等の年末残高④」はどうすればいいの?


00076

ponkao
「①と②の少ない方」と書いてあるよね。
つまり、1行目の①と2行目の②の金額を比較して、少ない方の金額を書けばいい。


okutankaoそうか。
①は1,500万で、②は,3400万だったね。⇒前回参照
少ない方の1,500万と記入すればいいんだね。


ponkao
この例の場合は「住居及び土地等」の購入のために住宅ローンを借り入れているから
C列に記入するんだね。


okutankao
っていうことは、「居住用部分の家屋又は土地等に係る借入金等の
年末残高⑤」
も・・・


ponkao
(④×③)と書いてあるね。
つまり、4行目④の額と3行目③の%を掛けた金額を記入する。


okutankao
④は1,500万、③は100%だね。
これを掛けると・・・ええと???あれ?


ponkao
うさちゃん・・・
1,500万円の100%なんだから、1,500万でしょ。


okutankao
そうでした・・・あはは。
あ、ホラ、できたできた!(焦)





ponkao
さあ、どんどん先へ進むよ。
住宅借入金特別控除額を計算するところまで一気に見ていこう。


okutankao

どきどき。


00077

ponkao
まずは、「(特定増改築等)住宅借入金等特別控除額の計算の基礎となる
借入金等の年末残高⑪」
だよ。
⑤と⑩を足した金額を記入するように指示されているね。

okutankao

⑩ってなんだ?


ponkao⑩は「居住用部分の増改築等に係る借入金等の年末残高」だよ。
増改築をしている場合に記入する欄だ。
上の例の図の青い枠内だよ。


okutankao
あ、本当だ。
ん??⑪欄に、「最高2,000万円」って書いてあるけど・・・

00078

ponkao
これは、控除の対象となる金額が最高2,000万円までですよ、ということだ。
⑤+⑩の金額が2,000万円を超える場合は、上限の2,000万円と記入する。
ただし、この上限額は、入居年によって異なるんだ。

okutankao
この例の申告書は、平成20年に家を買って暮らし始めた
ぱんだちゃんの申告書を使っているんだったよね。


ponkaoそう。
平成26年4月1日~12月31日、平成27年内に入居した人の申告書は、
4,000万円または5,000万円、
平成25年内、及び、平成26年1月1日~3月31日に入居した人の申告書は
    2,000万円または3,000万円、
    平成24年内に入居した人は3,000万円または4,000万円、
    平成23年内に入居した人は4,000万円または6,000万円・・・というように、
    異なってくるから注意してね。

okutankao
ふむふむ。 
じゃあその右隣「年間所得の見積額」欄は?
年収を書けばいいだけかな? 

ponkao

ブブーッ。残念。ここは注意が必要なんだ。


okutankao
えええっ!
どうして?何で?!


ponkao
扶養控除申告書の書き方で勉強したでしょ。⇒参照
所得の見積額は、収入から必要経費を引いた金額を書くんだ。


okutankao
そうだった!
お給料だけの所得の場合も、給与所得控除を差し引くことができるんだったよね。
⇒給与所得控除とは?

ponkao
国税庁のこのページ一番下の部分、給与収入の合計額を入力すると
所得見積もりを計算してくれるツールがあるから、利用するといいよ。


okutankao
おお!
これは便利だね。


ponkao
さて、お次は「特定増改築等の費用の額⑫」だよ。
これは(下の(ル))を記入するように指示があるね。

00077

okutankao
申告書の下半分にある住宅借入金等特別控除証明書の
(ル)欄を書き写せばいいね。
今回は(ル)欄は空欄だから、何も書かないよ。

ponkao

「特定増改築等の費用の額に係る借入金等の年末残高⑬」はどうかな?


okutankao
ええっと、⑪と⑫を比較して少ない方を記入するように指示されているね。
例では⑫は空欄(ゼロ円)だから、少ない方=ゼロ円となって、
記入しない(空欄)でいいね。簡単だ♪

ponkao
そうだね。この⑬欄にも「最高200万円」のように上限額が定められている。
申請書内の上限額に沿って記入してね。


okutankao
上限額が「最高200万円」と書かれている場合に、
⑪と⑫を比較して少ない方の金額が、上限額200万円を超えていたら、
上限額である200万円を記入すればいいよね。

ponkao
さあ、いよいよ最後。
「(特定増改築等)住宅借入金特別控除額⑭」を計算するよ。


okutankao
ええっと、⑪×0.5%と計算式が書かれているね。
⑪は1,500万円だったから、1,500万円×0.5%を計算すればいいね。


ponkao

控除額はいくらになる?


okutankao

75,000円だ!


ponkao
もしも計算結果に100円未満の端数がある時は
切り捨て
してね。


okutankao

 おおお、できた!



 



ponkao
今回は「増改築等に係る借入金等の計算」の
部分を見ていくよ。
下図の青い枠の部分だね。

00071

okutankao

むむむ。


ponkao
大丈夫、そんなに難しくないからね。
まず、1行目「増改築等に係る借入金等の年末残高⑥」だ。

00079

ponkao
この欄は、住宅ローンの年末残高証明書の中に書かれている
借入金残高を書き写すよ。


okutankao
複数の金融機関とかから借入をしている場合は、
全ての残高を合算して記入するんだったね。


ponkao
そうそう。新築・購入の場合と同じだね。
連帯債務で住宅ローンを借りている場合はちょっと書き方が変わるから、
書き方【6】を参考にしてね。
      続いて2行目「増改築等の費用の額⑦」だ。


okutankao
ええっと・・・欄の中に「下の(リ)」って書いてあるね!
申告書の下半分にある住宅借入金等特別控除証明書の
(リ)欄を書き写せばいいんだよね。

ponkao分かってきたじゃない。
じゃあ、3行目「増改築等の費用の額のうち居住用部分の費用の額の
占める割合⑧」
はどうすればいいか分かるかな?


okutankao⑧の欄には記入の指示があるよ。
分母には「下の(リ)」、分子には「下の(ヌ)」と書いてある。
だから、分母に(ヌ)欄を、分子に(リ)欄を、それぞれ申告書の下半分にある
住宅借入金等特別控除証明書の書き写せばいいよね。

ponkaoそうだね。
この例の場合は、増改築にかかった2,000万円のうち、そのすべてが
居住用部分にかかった金額だから、100%になる。
店舗併用住宅の店舗部分も増改築に含まれていたりすると、100%では
    なくなるんだったよね。⇒書き方③参照

okutankao
4行目「増改築等の費用の額に係る借入金等の年末残高⑨」
どうすればいいの?


ponkao
ああ、ほら。
「⑥と⑦の少ない方」と指示があるよね。


okutankao
あ、本当だ。
ってことは、⑥欄が1,500万円で⑦欄が2,000万円だから、
比較して小さい1,500万円と書けばいいんだね。

ponkao
5行目「居住用部分の増改築等に係る借入金等の年末残高⑩」は、
「⑨×⑧」と指示されている通りに計算すればいいよ。


okutankao
1,500万円×100%だから、
1,500万円だね!


ponkao
そうそう。難しくなかったでしょ?
二重線の下、⑪~⑭と「年間所得の見積額」は、前回説明した通りだよ。


okutankao

うん、想像していたよりすぐに書けたよ!


↑このページのトップヘ