ponkao
続いて、扶養控除等(異動)申告書の真ん中の欄、
「主たる給与から控除を受ける」と記載された部分の書き方を見ていくよ。 

00010

ponkao
まずはこの中の、A「控除対象配偶者」の行を見ていこう。

 
00011


ponkao
まずA「控除対象配偶者」の前半から。
①には、控除対象配偶者の氏名とマイナンバーを記載する。

    平成28年1月以降に提出する扶養控除申告書においては、

     A)会社と従業員の間で合意がある。

     B)従業員が、扶養控除申告書の余白に「個人番号については給与支払者に
     提出済みの
個人番号と相違ない旨」を記載する。
     
     C)会社が扶養控除申告書に「既に提供を受けている個人番号と確認した旨」を
     記載する。

    上記3点を満たすことで、マイナンバーを記入しなくてもよくなるんだったよね。
    ⇒国税庁Q&A

okutankao
うさの場合、配偶者はぱんだちゃんだよ。
ぱんだちゃんは控除対象配偶者じゃないよ。


ponkaoそうだね。
控除対象になる配偶者がいない時は、A「控除対象配偶者」の行は記載しない。
B「控除対象扶養親族16歳以上」に進むよ。

    うさちゃんは記入しないけど、記入例を見ていこうね。

okutankao
②の生年月日は難しくないね。
③の「老人控除対象配偶者又は老人扶養親族(昭 22 . 1 . 1 以前生)」って
いうのはどうすればいいの?

ponkaoこの欄についてA「控除対象配偶者」の行では、控除対象配偶者が「老人控除
対象配偶者」であるかどうかをチェックする。
この例の場合、配偶者は昭 22 . 1 . 1 より後に生まれているから、空欄でいいよ。
該当する場合は、「○」を記入します。


00012

okutankao
④の住所または居所は問題ないよね。

⑤「平成28年中の所得の見積額」欄がまたわからない。
記入する時点では、平成28年の所得がいくらになるかまだ決まっていないよね。
    見積額ってことだから、おおよそでいいのかな?

ponkao
そうだね。ただ、気をつけておかなきゃいけないのは、
平成28年にパートの収入が80万円見込まれる場合に、80万円と記載するわけじゃない
ってことなんだ。

okutankao
えっ・・・?



ponkao
この欄に記入する所得の見積額は、収入から必要経費を差し引いた金額を書くんだよ。
所得が給与の場合は、給与所得控除額を必要経費として差し引く。
公的年金の場合は、公的年金等控除額を差し引く。


 ■パート・アルバイトの給与の場合
  1年間の給料額(103万円以下)-65万円=年間所得額 


 ■年金の場合(配偶者が65歳未満)
  1年間の年金額(108万円以下)-70万円=年間所得額


 ■年金の場合(配偶者が65歳以上)
  1年間の年金額(158万円以下)-120万円=年間所得額 


okutankao
なるほど!じゃあ、パートの所得見積が80万なら、80万-65万=15万、
130万なら、130万-65万=65万と記載するんだね。


ponkao
残念。そうはならない。



okutankao
えっ!?何で?



ponkao
控除対象者であるためには、所得見積もりが38万円を超えてはならないんだ。



okutankao
ああそうか。
所得見積が80万円の場合は、65万引いて15万だから控除対象配偶者だけど、
所得見積が103万円を超えていると、65万引いた金額が38万円を超えちゃうから
控除対象配偶者じゃなくなっちゃうんだね。

ponkao
そう。控除対象配偶者じゃない場合は、Aの行に記載する必要はなくなるからね。



okutankao
えーっと、じゃあ⑥「非居住者である親族」は、非居住者である場合に
「○」をつければいいのかな?


ponkaoそうだね。
⑦「生計を一にする事実」欄は、この配偶者が非居住者である場合に、
平成28年内にこの配偶者へ送金した金額の合計額を記入するよ。
といっても書類の提出時にはまだ金額は確定していないから、
    平成28年の年末調整を行う時に、追記します。


okutankao
⑧の「異動月日及び事由」は何を書くの?



ponkao

新たに扶養に入った場合に、その理由と日付を記入します。
結婚したとか、扶養から外れたけれどまた戻ってきた場合などがあるよ。

    扶養控除等(異動)申告書を記入する時、申告書は来年度分なので、
    今年から扶養に入れたいんだけど、という場合は、別途会社に伝えます。