okutankao

友達が今年の台風で災害にあってしまったんだ。


ponkao
それは大変だったね。


okutankao

災害や盗難で資産に被害を受けたとき、雑損控除という控除を
受けられるでしょ。

ponkao
​一定の金額の所得税控除が受けられるものだね。
(国税庁:No.1110 災害や盗難などで資産に損害を受けたとき(雑損控除))

okutankao

そうそう。その雑損控除は、年末調整で受けられるのかな?


ponkao
残念だけれど、雑損控除は年末調整では受けられない。
確定申告をする必要があるんだ。

okutankao


年末調整で、会社がやってくれたら楽だったのに。


ponkao
残念だけれどね。


ponkao
雑損控除の対象になる資産は予め決まっている。



 損害を受けた資産が次のいずれにも当てはまること。

 (1) 資産の所有者が次のいずれかであること。
   イ 納税者
   ロ 納税者と生計を一にする配偶者やその他の親族で、その年の総所得金額 
     等が38万円以下(令和2年分以降は48万円以下)の者

 (2) 棚卸資産若しくは事業用固定資産等または「生活に通常必要でない資産」の
   いずれにも該当しない資産であること。



 (注) 「生活に通常必要でない資産」とは、例えば、別荘など趣味、娯楽、保養
    または鑑賞の目的で保有する不動産(平成26年4月1日以後は同じ目的で
    保有する不動産以外の資産(ゴルフ会員権など)も含まれます。)や貴金属
    (製品)や書画、骨董など1個または1組の価額が30万円超のものなど生活
    に通常必要でない動産をいう。 


okutankao

(1)と(2)のどちらかではなくて、
両方に当てはまらないといけないのね。

ponkao
さらに、控除を受けられる損害の原因も決まっている。



 次のいずれかの場合に限られます。

 (1) 震災、風水害、冷害、雪害、落雷など自然現象の異変による災害 
 (2) 火災、火薬類の爆発など人為による異常な災害
 (3) 害虫などの生物による異常な災害
 (4) 盗難
 (5) 横領

 なお、詐欺や恐喝の場合には、雑損控除は受けられません。


okutankao

ふむふむ。台風は該当するね。


ponkao
雑損控除の額は、下記の計算で求められるよ。



 次の二つのうちいずれか多い方の金額です。

 (1) (差引損失額)-(総所得金額等)×10%

 (2) (差引損失額のうち災害関連支出の金額)-5万円


 損失額が大きくてその年の所得金額から控除しきれない場合には、 
 翌年以後(3年間が限度)に繰り越して、各年の所得金額から控除
 することができます。

 なお、雑損控除は他の所得控除に先だって控除することとなって
 います。
 「災害関連支出の金額」とは、災害により滅失した住宅、家財
 などを取壊し又は除去するために支出した金額などです。


okutankao

ええっと・・・式の中の差引損失額っていうのは何?


ponkao
差引損失額も、計算で求められるよ。



差引損失額
損害金額+災害等に関連したやむを得ない支出の金額-保険金等により補填される金額 


okutankao

なるほど。(1)と(2)の計算式でそれぞれ計算して、
大きいほうの金額が控除されるわけだね。

ponkao
損失額がとても大きくて、その年の所得金額から控除しきれない場合でも、
翌年以後(最大3年間)に繰り越して、各年の所得金額から控除することが
できるからね。

okutankao

友達に連絡してみるよ。