ponkao
じゃあ早速、配偶者控除申告書の書き方を見ていこう。
まずは、用紙の一番上の部分だ。

00298
⇒国税庁HP:[手続名]給与所得者の配偶者控除等の申告からダウンロードできます。

okutankao
配偶者控除等申告書の書き方【1】で勉強したように、
本人の合計所得金額の見積額が1,000万円を超える場合または、配偶者の
合計所得金額の見積額が123万円を超える場合は、配偶者控除・配偶者特別控除は
受けられない
と書かれているね。

ponkao
そうだね。自分が提出の範囲内かどうか、事前に確認をしてから、
書き始めよう。

00299

okutankao

まずは、一番上の段の左半分だね。
ここは会社が書いてくれることもあるんでしょ?

ponkao
そうそう。会社が記入してくれる場合は、個人が書く必要はないよ。
でも一応、書き方の説明をしておくね。

ponkao
①「所轄税務署長」は、勤務先の会社を管轄する税務署の名前を書くよ。
分からなかったら、会社の人に確認しよう。

okutankao

②は勤務先の会社の名前だね。


ponkao
③「法人番号」は勤務先の会社の法人番号を記入する欄だよ。
この書類の提出を受けた給与の支払者が記入するから、何も書かなくていい。

okutankao

④は勤務先の住所だね。簡単、簡単!


00300


ponkao⑤「あなたの氏名」は書類を提出する本人の名前・フリガナを、
⑥は住所をそれぞれ記入するよ。
印鑑も忘れずに押そう。

okutankao
あの、パンダちゃん。
一番右側にある⑦「給与の支払者受付印」というところには、
印鑑を押さなくていいの?

ponkao
⑦には印鑑は押さない。
⑦は給与の支払者、つまり会社の受付印を押すところだからね。


okutankao

⑦には、印鑑は押さないのね。なるほど。