年末調整の書き方

年末調整の書き方をまとめました。 うさぎ、ぱんだと年末調整を学ぶブログ。

年末調整の書き方をまとめました。 うさぎ、ぱんだと年末調整を学ぶブログ。



okutankao

毎年年末調整の時期になると、必ず、「扶養控除申告書の書き方が分からない」
「保険料控除申告書の控除額を出す計算が分からない」って質問がくるんだよね。

ponkao
そうだよね。しょうがないよね。
ああ、でもね。こういうソフトウェアもあるみたいだよ。
「扶養控除申告書・保険料控除申告書作成ソフト」(Vector)

okutankao

パソコンソフトってこと?
お金がかかるんじゃないの?

ponkao
いや、フリーソフトだから無料だよ。
こんな風な画面になっていて、入力するだけで申告書が作れるんだ。

00211

00212

okutankao

あれ。申告書がそのまま画面になっているんだね。
わかりやすいね。

ponkao
扶養控除申告書の源泉控除対象配偶者の判別とか、
保険料控除申告書の控除額の計算とか、ややこしい部分を、
入力したデータを元に自動でやってくれるんだって。

okutankao
それは便利だね!
年末は何かと忙しいから、分からないことで時間をとられるのが
わずらわしいもんね。

ponkao
Vector(ベクター)からダウンロードして無料で使えるよ。
「扶養控除申告書・保険料控除申告書作成ソフト」

okutankao

社員さんにも話をしてみるよ!




okutankao

パンダちゃん、今日、会社の社員さんに言われたんだけど、
年末調整がネットでできるようになるって本当?

ponkao
ああ、この記事のことかな?
会社員の年末調整、ネットで完結へ…書類電子化(YOMIURI ONLINE)

okutankao

なんか、書類を電子化するとかどうとかって言っていたよ。


ponkao
そうそう。
政府・与党が、手続きに必要な書類を電子化しようと考えているらしいんだ。
とはいえまだ先の話で、2020年末からの導入を検討しているところだよ。

okutankao
2020年か。まだだいぶ先だね。
でも、年末調整がネットでできるようになったら、扶養控除等異動申告書や
保険料控除申告書といった書類が電子化されて、いちいち紙を配布して、
書いてもらって提出してといっためんどうな流れもなくなるのかな?

ponkao
細かいことはまだこれから決めていく段階なんじゃないのかな。
税務署や市区町村への書類提出・手続きが楽になると、年末の
ドタバタが緩和されて嬉しいよね。

okutankao

どうなるのか期待したいね。




okutankao

パンダちゃん、年末調整が終わったら、源泉徴収票を発行するでしょ。


ponkao
そうだね。給与を支払った全ての者に対して源泉徴収票を発行しなければ
ならないよ。

okutankao

それは外国人労働者も含まれるんだよね?


ponkaoそうだね。
「全ての受給者」には、国内に住所または1年以上居所を有する居住者である
外国人従業員も含まれるよ。
その外国人従業員にも必ず源泉徴収票を渡す必要があるんだ。

okutankao
給与を支払った人だけじゃなくて、税務署にも提出しなければならないん
だよね?
給与を支払った全ての人の分の源泉徴収票を、税務署に提出するの?

ponkao
税務署に提出しなければならない源泉徴収票は、下記の条件を満たした
ものだけだよ。

年末調整をしたもの

①法人の役員(今は役員をしていなくても、その年中に役員だった者を含む)については、その年中の給与等の支払金額が150万円を超えるもの。
役員には、相談役、顧問その他これらに類する者が含まれます。

②弁護士、司法書士、税理士等については、その年中の給与等の支払金額が250万円を超えるもの。

③上記①②以外の者については、その年中の給与等の支払金額が500万円を超えるもの。

年末調整をしなかったもの

①「給与所得者の扶養控除等申告書」を提出した者で、その年中に退職した者や、災害により被害を受けたため給与所得に対する所得税及び復興特別所得税の源泉徴収の猶予を受けた者については、その年中の給与等の支払金額が250万円を超えるもの。
ただし、法人の役員については、50万円を超えるもの。

②「給与所得者の扶養控除等申告書」を提出した者で、その年中の主たる給与等の金額が2,000万円を超えるため、年末調整をしなかったもの。

③「給与所得者の扶養控除等申告書」を提出しなかった者で、給与所得の源泉徴収税額表の月額表または日額表の乙欄または丙欄の適用者については、その年中の給与等の支払金額が50万円を超えるもの。


okutankao
ええっと・・・なんか色々とごちゃごちゃ書いてあるけれど、
年末調整をした、役員ではない一般の社員で、税務署に源泉徴収票を提出しなきゃ
いけないのは、その年中の給与等の支払金額が500万円を超えるものだけだってことだね。

ponkao
そういうことになるね。
ちなみに、年末調整をしている場合の②は、給与として支払っている場合に限る。
報酬として支払っている場合は、「報酬、料金、契約金及び賞金の支払調書」を
    提出するよ。

okutankao

間違えないように注意しないとね。


↑このページのトップヘ